相続コラムの新着情報

  • 相続税
    「遺贈」とは何か?「相続」との違いとは?
    2021年1月22日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 相続関係の記事を読んでいるとよく出てくる「遺贈」という言葉。言葉自体や大まかな意味は知っていても、本来の意味や「相続」との違いに…(続きを読む)
  • 相続税
    生命保険金は相続放棄しても受け取れる
    2021年1月15日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 亡くなった方が生命保険の被保険者になっている場合もあります。その場合、受取人に設定された方が保険金を受け取ることになります。 こ…(続きを読む)
  • 相続税
    公正証書遺言の証人は誰がなれるのか
    2021年1月8日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 遺族に確実に遺言者を残す方法として、多く利用されている「公正証書遺言」。この公正証書遺言には作成の際に2名の証人が必要になります…(続きを読む)
  • 相続税
    予備的遺言とは
    2020年12月25日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 せっかく遺言書を書いても、受遺者が先に亡くなってしまうことがあります。亡くなった方自身は相続が行えない(財産を取得できない)ので…(続きを読む)
  • 相続税
    夫婦で一緒に遺言書を作る際に注意したいこと
    2020年12月18日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 年も近く老齢のご夫婦の場合、どちらが先に亡くなって相続人になるかわかりません。そのため、「同じ内容で共同の遺言書を作成すれば良い…(続きを読む)
  • 相続税
    隠し子に相続権はあるか
    2020年12月11日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 相続では突然、被相続人の「隠し子」が発覚するケースもあります。相続人が増えるので、遺産分割や相続税対策にも影響を及ぼします。 で…(続きを読む)
  • 相続税
    遺言書が有効か無効かの判断
    2020年12月4日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 遺言書にもルールがあります。つまり、ルールに沿って正しく作られてない場合、その遺言書は相続で効力を持たなくなってしまいます。 そ…(続きを読む)
  • 相続税
    控除額が大きい「相続税の配偶者控除」は万能ではない
    2020年11月27日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 相続税の控除制度には基礎控除の他にも様々なものがありますが、その一つに「相続税の配偶者控除」があります。これは、相続人が被相続人…(続きを読む)
  • 相続税
    一定額まで引き出しが簡単に!預貯金仮払い制度とは
    2020年11月20日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 2019年の7月におよそ40年ぶりに民法の相続規定が改正され、様々な新ルールが実施されました。 その中の一つに、「預貯金の仮払い…(続きを読む)
  • 相続税
    被相続人死亡後の銀行口座の凍結について
    2020年11月13日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 相続が開始されると、故人の預金口座が凍結されてしまいます。 凍結されれば、お金の引き出しも預け入れも不可となり、電話代や光熱費、…(続きを読む)
  • 相続税
    孫への相続は税金が増える!?「相続税の2割加算」とは
    2020年11月6日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 配偶者や子供だけでなく、孫にも財産を相続させたいと考える方もいるでしょう。しかし、その場合は税金が多めにかかるということを踏まえ…(続きを読む)
  • 相続税
    債務免除には税金が発生する
    2020年10月23日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 個人間の贈与については、年間額の累計が110万円を超えると贈与税が発生します。例えば、200万円なら超過分の90万円に、300万…(続きを読む)
  • 相続税
    贈与税を払うことは損なのか?
    2020年10月16日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 贈与税とは相続時を除いて、個人から個人へ金銭や住居などの財産を渡した場合に発生する税金です。(申告と納付義務は受贈者にあります。…(続きを読む)
  • 相続税
    自筆証書遺言保管制度の手続き方法
    2020年10月9日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 今年7月より実施されている「自筆証書遺言の保管制度」は、遺言書を法務局にて保管してもらえる制度です。相続が始まるまで遺言書を失く…(続きを読む)
  • 相続税
    自筆証書遺言保管制度の概要
    2020年10月2日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 2020年の7月10日に「自筆証書遺言書の保管制度」がスタートしました。同制度は文字通り遺言書を法務局で保管してくれるものであり…(続きを読む)
  • 相続税
    相続した不動産を売るなら3年以内!【取得費加算の特例】
    2020年9月25日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 不動産売却時には諸々の手数料の他に、税金もかかってきます。これは購入金額よりも売った時の金額が高く、仲介料などの諸経費を考慮して…(続きを読む)
  • 相続税
    相続した不動産の売却について
    2020年9月18日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 相続で取得した土地や建物について、ご自身や家族が住まわれたり、賃貸用物件にリフォームするのであれば問題ありませんが、全く利用しな…(続きを読む)
  • 相続税
    事故物件を相続する時の対策方法
    2020年9月11日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 買い手側が避けたくなるような事情のある「事故物件」を相続する場合、通常の不動産相続とは違う対処が必要になってきます。 今回は、事…(続きを読む)
  • 相続税
    相続した不動産が事故物件かどうかの判断基準
    2020年9月4日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 世の中にはいわゆるワケ有りである「事故物件」が存在します。事故物件とは、一般的に殺人事件や孤独死のような特別な事情がある物件を指…(続きを読む)
  • 相続税
    農地を相続する際に注意すること【相続税の納税猶予】
    2020年8月28日
    こんにちは、八王子・多摩で会計事務所をやっている税理士の古川顕史です。 土地を相続した際には、土地評価額に応じて相続税が課されます。土地はそれ自体が高価なものなので、現金や預貯金の相続が少ない等、ケー…(続きを読む)